新築・注文住宅

建築家とつくる、オシャレであなたらしい住まい

「良い住まい」というのは、必ずしも膨大な費用をかけた住まいとは限りません。住宅会社とは違う、けれど新しい住まいのご提案をいたします。きっと、あなたが求めるライフスタイルが見つかることでしょう。

3rd.Cafeの住まい

3rd.Cafe LIVING STYLEは住宅会社ですか・・?

住まいを建てたい、引っ越したいと思った時には、多くの方が住宅会社に相談されると思います。3rd.Cafeでも新築建設、リフォーム、リノベーションのプランニングや資金計画、施工業者斡旋などを承っていますが、実は住宅会社ではありません。その「住宅会社ではない」ことに、実は多くのメリットがあるのです。

住宅会社は、当然のことながら自社の住宅を売ることが商売です。そのために、もしかしたら違う選択肢があるかもしれない方にも、同じように住宅を販売してしまうことがあるかもしれません。

3rd.Cafe LIVING STYLEは住宅会社ですか・・?

しかし、住宅会社ではない3rd.Cafeには、それがありません。お客様のライフスタイルやご要望を隅々までヒアリングしながら、新築一戸建てがいいのか中古住宅のリノベーションがいいのか……などお客様にぴったりの住まいをご提案できます。マイホームは購入したらそれで終わりなのではなく、そこから新しい生活が始まるのです。ローンに追われて生活に潤いがなくなったということにならないよう、長期的な視野をもって、建築家とともにより良い住まいをつくりましょう。人生において大きなお買いものをするのに、後悔していただきたくないからこそ、ぜひ、ご相談ください。

低コストにできる理由

コストをどうやって抑えるのですか?

日本の住宅は、一般的に簡単に購入できるほど安いものではありません。その購入価格の中には、営業マンをはじめとする人件費、広告費、住宅展示場の維持費なども含まれており、利益の約50%はこういった費用なのです。それに対して、アメリカや欧州では、住宅は直接大工さんへ施工を頼むため、価格が抑えられているのだそうです。日本の住宅が欧米に比べて安くない……という理由はこんなところにあったのですね。

3rd.Cafe LIVING STYLEでは、無駄と思われるコストを極力省き、工務店や大工さんの技術力に私たちの設計提案力をプラスして、低コストなのにより良い住まいを実現させています。

住宅会社ではないからこそできること

あまりしつこい営業はイヤだけど・・。

住宅に限らず、ちょっと相談しただけなのに、何度もしつこく営業の人に追いかけられた経験はありませんか。日本の国民性からか、一生懸命に営業されるとつい根負けしてそのまま契約となるケースも多いようです。これでは、何のために“相談”したのかわかりません。

私たちがご提案する家づくりには、しつこい営業マンはいません。営業マンを置かないことで大きなコストカットをしているからです。ですから、営業マンがやるようなことも、お客様自身にやっていただくことがあります。次回のお約束ひとつにしても、お客様ご自身で考えて決めていただくようになるのです。どのように家をつくっていくか、それはあなた次第なのです。実際に住む人が主導する家づくりなら、愛着も倍増です。

3rd.Cafeが伝えたいこと~もっと女性が主役になれる家づくりを~

img

“住まい”は、借家で持ち家でも、一軒家でもマンションでも、文字通り、住めば都――。住む人のアクションをサポートしやすい家、家族の幸せを膨らませる家、それこそが住まいの果たすべき本当の役割です。

長年、新築住宅の設計や工事管理、営業などに携わっていた3rd.Cafeオーナー・桐谷は、これまでたくさんの家づくりを経験しました。そこで感じたのは、奥さんやお子さんにとって快適な家が、家族にとっても住みやすい家である……ということ。家づくりは大きな金額が動くので、住宅展示場でも資料請求でもついご主人任せにしてしまうご家庭が多いようです。しかし、男性が主導権を握られると、奥様へ情報が入りにくい、ご意見を反映しづらくなるといった傾向に。すると、書斎が広すぎる、水まわりが不便、家事の導線が悪いといった結果を招いてしまうのです。私たちは、家づくりこそ女性に参加してほしい!と思っています。

そこでご活用いただきたいのが、3rd.Cafeです。気軽に入れるカフェが情報発信地に。家づくりのご相談、ちょっとした質問、情報収集をここから始めてみませんか? 私たちからの家づくりの招待状です。

3rd.Cafe Living Style
デザイナー 桐谷 シゲル

INFORMATION

Copyrighit © 3rd cafe All Rights Reserved.